イロドリ便り

当事務所の弁護士&スタッフが、日常の由無し事を綴ります

季節の変化を感じる

外出の自粛を強いられる生活も2年目に入りました。

ふり返ると昨年は、ほとんど出かけることがなく、知らないうちに1年終わってしまったように思います。

例年、お花見をしたり、登山に出かけたりして、季節の移り変わりを感じられていたので、とても残念に思いました。

 

今年は、対策をしつつ、満開の桜や、初春、新緑の山を楽しむことが出来ました。

 

春先の登山では、初めての霧氷を見ることが出来ました。

風が吹くと氷のかけらがパラパラと落ちてきて、とてもきれいでした。

今年は満開の桜を見に、大川沿いを散歩に行ったりもしました。

去年は桜を見に行けなかったので、2年分楽しみました。

お仕事帰りに中之島のバラ園に寄り道をして、マスク越しにバラの香りを楽しんでみたり。

近くの山に登山にも行きました。

しばらく山に登りに行かないと、自分の体力の低下を痛感します。

登っている間は、いつまで続くんだろう、と登ったことを後悔しそうになるのですが、山頂からの景色を見た時には、そんなこともすっかり忘れてしまいます。

これまでのような生活にはなかなか戻れないかもしれませんが、そんな中でも、季節はいつもと同じように過ぎていきます。

季節を感じる心の余裕を忘れないようにしたいと思う今日この頃です。

 

事務局A

 

 

プライベートの他の記事

プライベートの記事一覧