彩法律事務所 Irodori Law Office

お気軽にご相談・お問い合わせください 06-6220-0031 受付時間9:00〜17:30 夜間相談、休日相談(土・日・祝日)も可※

お問い合わせフォーム

イロドリ便り 当事務所の弁護士&スタッフが、日常の由無し事を綴ります

ホームイロドリ便り > 2018年

年に一度のだんじり祭

2018.11.12

写真

 気付けば夏も終わり、ようやく涼しくなってまいりました。
 最早、少し前の出来事になってしまいますが、10月の頭に地元のだんじり祭がありました。
 私は、子どもの頃からだんじり祭に参加してきました。今では、唯一の趣味みたいなものとなっています。

 だんじり祭といっても、私の地元は大人しいものです。
 年に一度のだんじり祭では、日頃からよく顔を合わせている人、祭りのために遠方から帰ってくる人、知り合いに誘われて初めて参加する人等、いろいろな人と顔を合わせることになります。いろいろな人がだんじり祭に参加し、「良い祭」という一つの目標に向かって努力することは、日常の生活ではなかなか体験できないものであり、だんじり祭の魅力の一つと考えています。
 私は、2年前まで、だんじり祭の中でも若手が集まるグループに所属していましたが、今ではそのグループを卒業し、おじさんたちのグループ(凡そ世帯を持っている様な年代の集まり)に加入しました。少し前までは、自分がそのグループに入るなんて、想像もできていませんでしたが、実際は、私も年をとってきたということです。
 これからは、新しいグループの新人として、だんじり祭を楽しんでいきたいと思います。

 さて、弁護士生活の方も約2年が経過しました。
 今も、事務所の皆さんにいろいろと教えていただきながら、勉強を続けていく毎日です。
 まだまだ、何をするにしても時間がかかったり、勉強をしながら仕事をしているところです。
 しかし、いつまでも新人弁護士として事務所の皆さんに甘えている場合ではないことも事実です。
 これからは、大阪の一人の弁護士として、他の弁護士に負けずに、依頼者の皆様に満足していただけるような法的サービスを提供できるように、更なる努力をしてゆきます。
 今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

弁護士 西川 裕也

夏の出来事

2018.09.20

 今年のお盆に長男のお嫁さんのお父さんが亡くなりました(私よりも若いのに)。突然のしらせで、長男夫婦も慣れぬ手続きに戸惑うばかりでしたが、普段口数も少ない長男が、お嫁さんのお兄さんと二人で式を取り仕切ってくれて本当に安堵しました。普段元気いっぱいのお嫁さんの落ち込みは尋常ではなく(当たり前のことですが)、仕事にも行けず家に引きこもり状態が続いていました。早く元気になって元の暮らしに戻って欲しいと願うばかりです。病気なら諦めもつくけど、突然に身近な人がこの世を去るということが、他人ごとではないことを実感しました。
 また昨年の夏から今年の夏までに我が合唱団にかかわる方たちが3人も亡くなられましたが、その方たちの思いも受け継いで、合唱団を盛り上げて、平和へのメッセージを歌い続けていきたいと思います。嬉しいことに、夏のライブでは中学生がギター演奏で若い歌声で盛り上げてくれ、合唱発表会では幼児から高齢者がいる合唱団の踊りもいれた合唱のパフォーマンスで会場を沸かせてくれたり、楽しい時間と元気なエネルギーを沢山いただきました。

写真
写真
 私の9月の誕生日には事務所の方たちからケーキやお花のプレゼントで祝ってもらえて、大変うれしかったです(またひとつ年をとってしまいましたが)。
 これからも、公私とも悔いのないように頑張っていこうと考えさせられた夏の出来事でした。
写真
事務員 U

何年経っても思い出してしまうな

2018.09.11

 今年の夏も、酷暑の中、音楽を聴きに出かけました。私は、記憶力がよいほうではなく、いいようにいえば、忘れることが特技です(私の仕事を長く続けるには一定、必要な能力でもあります)。

 記憶力はよくないのですが、いい音楽は何年たっても覚えています。
 忘れてしまっても、ふとしたきっかけで思い出します。思い出すのは、音だけではありません。音楽を聴いたときの景色や、暑さや、匂い、野外で芝生を踏んだ感覚も思い出します。
 忘れていた感覚とそれから何年もの間に経験や思い出を積み重ねた結果、同じ音楽が、また違って聴こえたり、違った歌詞が心に響いたりします。

 普段の日々は、目の前のことに追われて、また、左脳(言語や論理的思考を司ると言われています)ばかり使って、右脳(感性や想像力を司ると言われています)をあまり使わないので、鈍くなりがちです。
 私の仕事は、論理的思考だけでなく、人の気持ちを想像し、共感する感覚がとても大切です。その感覚が鈍らないように、衰えないように心がけます。

写真
 真夏のピークは去りましたが、今年の夏は、地震や大雨などがあり、つい先日も大きな台風がやってきました。
 今日の時点で、我が家は停電中で、ベランダも隣の部屋との仕切りが飛ばされてしまっている状態です。。。
 平穏に過ごす日々のありがたさを改めて感じます。
 平穏な日のベランダから、今年「最後の花火」を撮影しました。
写真
 弁護士 牧 亮太

宮古島

2018.08.09

暑い夏がやってきました。
1年の過ぎ去るスピードを早く感じるようになった、この頃です。
1年のスピードが早く感じられるようになる原因は、日常にトキメキがなくなっているからだそうです。
身に沁みます。。。

写真 写真
この日は毎年恒例となった宮古島に行ってきました。
ハイシーズン一歩手前の梅雨明け直後は、実は宮古島を楽しむのには1年のうちで最も良い時期なのです。次点は、台風シーズンの終わった11月下旬から12月上旬の時期です(海には12月の下旬までは入れます)。

宿は、いつもお世話になっている「ウミオト」というゲストハウスです。
とっても綺麗で、プライバシーも守られていて、旅人同士仲良く過ごすことのできる、素敵なお宿です。
写真
この日はオーナーさんとその従業員の方に、ガーと呼ばれる沖縄の井戸に連れて行ってもらいました。ガイドブックには載っていない秘密の場所です。オーナーさん曰く、海も行き尽くすと、グーグルマップを開いて遺跡のマークを見つけだし、そこを探検しだすそうです。

ガーは地下深く掘られていて、地下に入るとひんやり涼しくなっています。
幅が狭く、苔むして滑りやすくなっている階段を下りきった先には、多量の水が溜まっています。
ただ、めちゃくちゃ暗いうえに、蚊が大量発生&大きめのクモが常駐しています。
大阪だと小さな虫も怖いのに、こういうところだと大きなクモも大丈夫なのが不思議でした!

今回も素敵な旅になりました。
次回更新する頃には、また宮古に行っている気がします。。。
最近では周りの人に、「宮古島に行ってくる!」というと、「また行くの?」という反応が返ってくるようになって、少し言い出すのが辛く感じるようになりました。めげずに、宮古島を知り尽くそうと思います。

事務員 N

健康診断

2018.07.18

暑い夏がやってきました。
少し前まで梅雨で、特別警報が出るほどの大雨でしたが、嘘のような日差しですね。

夏を乗り切るためには、適度の運動と適度の食事、十分な水分摂取に十分な睡眠が必要です。
・・・とは分かりつつ、最近、崩れてきているなぁと感じます。
特に運動をしなくなりました。ここ半年。

写真
弁護士会館で、毎年健康診断をやっています。
胃のエコー検査や、バリウム検査したりもして、かなり本格的なやつです。今のところ異常はないようです。

ただ、体重曲線だけが右肩上がりです。
弁護士10年目、なんとか「年kg増量」は免れましたが、今年は肉薄する数字が出ました。運動不足が響きました。身体は正直です。
恐ろしいことに、腹囲の検査直後、検査の方に、「野澤さん、少し大きくなりましたね」って声をかけられました。心理的ダメージで痩せそうでした。
体重検査でも、「野澤さん、この1年で横に成長されましたね」と言われました。ショックで寝込みそうでした。
おそらく、ですが、我々弁護士の健康のために、敢えて厳しい言葉を投げかけるように指導されているのでしょうね。
次の日走りましたから。確かにそれなりに効果はありました。数日ですが。

今日も帰って風呂上がりにアイス食べそうです(下戸なのでビールは不要)。
・・・麦茶にしておくべきか・・・今から悩ましい。

みなさまも、適度十分で夏を乗り切りましょう!

弁護士 野澤

彩法律事務所

〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜3-1-12
萬成ビル4F
TEL:06-6220-0031
FAX:06-6220-0071
淀屋橋駅前 徒歩2分

詳細アクセスはこちら

Page Up