彩法律事務所 Irodori Law Office

お気軽にご相談・お問い合わせください 06-6220-0031 受付時間9:00〜17:30 夜間相談、休日相談(土・日・祝日)も可※

お問い合わせフォーム

イロドリ便り 当事務所の弁護士&スタッフが、日常の由無し事を綴ります

ホームイロドリ便り > 2016年

思いやるこころ

2016.11.8

 わたしは争うことが嫌いです。悪く言えば、争うのが面倒なだけなのですが、いつの時代も争い事が絶えないのが現実です。
 我が事務所の先生方は、その争い事(紛争)の解決の為、日夜頑張っておられます。
 前回、事務局Eさんも「事務員の役割」について書きましたが、私たち事務局は先生たちの負担を少しでも軽く(軽くなっていると思うのですが)する為に、仕事をしています。
 わたしは今の時代において、社会生活上、モラル(「倫理・道徳」「善と悪を判断する事ができるための考え方」)がなさすぎるのではと思うのです。
 何故そう思うのかと言うと、些細なことですが、通勤する電車の優先座席についてです。その席を必要とされる人が殆ど座っていないということ。特に若い子たちが優先座席に座り携帯に夢中になっている姿をみると、未来がとても不安になるのです。この子たちの育ってきた環境や周りとの関わりはどうなっているのかと・・・。
 わたしにも年頃の孫(高校生2人)がいますが、とても気になるのです。特に友達との関係が気になります。テレビなどで、いじめで自殺したとか、少年事件のニュースが流れると、もちろん本人の責任は重大ですが、その子の家庭環境や学校関係、周りの大人たちとの関係がとても気になります。
 世界での紛争について言えば、モラル(「善と悪を判断する事ができるための考え方」)があれば、争いごと(国どうしの戦争や侵略)も多少は減少できるのではないでしょうか。
 私は少しでもモラルを高めるために、できるだけ相手の態度や言葉に腹を立てないように気をつけています。お互いに快くある事がモラルの向上に繋がると思うからです。

写真
※夏に植えたマリーゴールドですが、いまだに花が咲きません。
栄養不足でしょうか?それともなにか原因があるのでしょうか?
どなたか教えて頂ければ非常に嬉しいです。
事務員 U

事務員の仕事内容

2016.10.18

写真

「法律事務所で働いています!」
というと、
「どんな仕事をしているの?」
と、よく聞かれます。
 確かに、弁護士の仕事は裁判だったり、相手方との交渉であったりと、テレビドラマになっていることも多いのでイメージしやすいと思います。その弁護士のもとで働く事務員の仕事について今回はご紹介いたします。
 はじめに、ざっくりというと、事務員は弁護士の業務の補佐をします。
 具体的には、お客様の対応、お客様からお預かりしているお金や、事務所で使うお金の管理といった一般事務、また、法律文書の送付や受け取り、相続人の調査の補佐や弁護士会を通じた照会(23条照会)といった法律事務という仕事をします。
 法律事務というのは、裁判を起こす際の証拠となる資料集めといった法律事務所での実務です。裁判所や検察庁に保管されている事件記録の謄写といった実務上の手続きや資料収集は弁護士より事務員の方が知識や経験を持っていることもあるので、互いに協力しあいながら仕事を進めていきます。
 このように、事務員の仕事は多岐に渡ります。受任している案件ごとに求められる仕事の内容も変わってくるので、やりがいも感じます。
 法律事務員は、お客様のお困りごとを解決に導いて、安心して生活できるようにすることのお手伝いのできるお仕事です。

事務員 E

彩法律事務所

〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜3-1-12
萬成ビル4F
TEL:06-6220-0031
FAX:06-6220-0071
淀屋橋駅前 徒歩2分

詳細アクセスはこちら

Page Up